薄毛・抜け毛に悩む男性・女性のためのスカルプケア・育毛剤の総合情報サイト

育毛剤クイーン

育毛成分

ヒオウギエキスは育毛効果あり?副作用はある?徹底解析しました!

投稿日:

ヒオウギエキスは育毛効果あり?副作用はある?徹底解析しました!

育毛剤成分に、よく使われているヒオウギエキス。

ヒオウギエキスの効果を知らない方は意外と多いです。

炎症を抑えるだけのものと思っている方も多いですが、フィナステリドのように男性ホルモンに働きかける効果も持っているのです。

今回は、そんなヒオウギエキスの育毛効果と、副作用について説明していきます。

ヒオウギエキスについて

育毛剤などに使われている、ヒオウギエキス。

もともとは、どんなものなのか。

そして、ヒオウギエキスには、育毛効果だけではなくさまざまな効果があります。そんなヒオウギエキスについて詳しく説明していきます。

ヒオウギエキスとは?

ヒオウギエキスは、アヤメ科のヒオウギ(檜扇)と呼ばれる草から採れるエキスのことです。

ヒオウギとは、観賞用の植物として知られていますが、薬の役割もあります。

製薬としては、喘息・発熱・身体痛の改善に効くと知られており、製薬名は射干(やかん)といいます。

ヒオウギの根っこには、女性ホルモンのエストロゲンに似ている物質の、イソフラボンが含まれています。

イソフラボンは大豆で知られています。

しかし、ヒオウギの根っこにあるイソフラボンは、「大豆イソフラボンアグリコン」というもので、構造が少し違うのです。

大豆イソフラボンアグリコンは、女性ホルモンのエストロゲンに似ている構造なので、人間の細胞に入りやすいです。

ヒオウギエキスは医薬品?医薬部外品?

ヒオウギエキスは、医薬部外品です。

育毛剤以外にもシャンプーや、美容商品などにも入っています。

安全性も高く、副作用もほとんどなく、女性や未成年が使用しても安心です。

ヒオウギエキスはどんな人に使われているの?

ヒオウギエキスは、女性ホルモンに似ている物質のなので、AGA(男性型脱毛症)に悩んでいる方や、ニキビなどに悩んでいる方に使われています。

人間の体は、紫外線を受けたり、心理ストレスを受けると、交感神経が優位になります。

交感神経が優位になると、薄毛の原因にもなる肌荒れや、にきびの原因にもなる男性ホルモンの分泌が活発になります。

そこで、ヒオウギエキスのイソフラボンを体内に取り入れることで、乱れたホルモンのバランスを整えて、薄毛やニキビの予防と治療などに使われます。

肌の保湿効果もあるため、乾燥を防いで、保湿アップも期待できます。

そのため、美容液や化粧水、保湿クリームなども開発されています。

ヒオウギエキスの育毛効果

薄毛防止・育毛効果などで知られているヒオウギエキス。

そんなヒオウギエキスの育毛の効果を詳しく説明していきます。

男性ホルモンを抑える効果

ヒオウギエキスは、男性ホルモンを抑える効果があります。

多くの男性が悩んでいる、AGA(男性型脱毛症)の原因の1つは、男性ホルモンのテストステロンという物質に、5aリダクターゼという酵素が結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)に変わることです。

男性はもちろん、女性にも少量は分泌されているもので、誰もが持っているホルモンです。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、薄毛と深い関係があります。毛髪の元となる毛母細胞の働きを低下させてしまいます。

毛髪に悪影響を与えるのは、「ジヒドロテストステロン」に変わってからなので、変わる前段階で、5aリダクターゼに働きかけて、ジヒドロテストテロンの生成を抑える効果があります。

医療機関などで処方される医薬品の「フィナステリド」と同じ働きがありますが、効果はあまり強くなく、ぬり薬としても使用されるので、効果も限定されます。

女性も安心効果

女性は更年期や閉経などの影響から、男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」が出てきて薄毛になるケースがあります。

そこで、ヒオウギエキスは、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを整えて、薄毛を防ぐことが可能になります。

前述のように、ヒオウギエキスは、大豆イソフラボンよりも、女性ホルモンに似ている構造をしているので、薄毛を防ぐ効果はとても高く、肌への浸透もしやすいのです。

女性ホルモンの手助けをしてくれる

妊娠、出産、授乳などで、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、薄毛・抜け毛で悩んでいる方はたくさんいます。

出産前後は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が安定せずに、急激に増えたり減ったりします。

すると、髪の毛にも影響が出てきます。

そこで、ヒオウギエキスを使用することで、体内にある男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが取れて、抜け毛・薄毛を防ぐ効果が期待できます。

頭皮の健康維持効果

ヒオウギエキスには、保湿効果があります。

ヒアルロン酸や、コラーゲンの働きを助けてくれます。

頭皮が硬く乾燥していると、皮膚が荒れてしまい薄毛の原因にもなってしまうため、柔らかく柔軟な頭皮は育毛のためにとても大切です。

また、頭皮細胞を老化に導いてしまう、MMP-1という酵素がつくられるのを抑えて、頭皮の細胞の老化を防ぎます。

MMP-1は、体内でつくられる酵素ですが、タバコの煙・排気ガス・紫外線などの環境ストレスにさらされると発生します。

人の皮膚には、外からの刺激を受け取る部分が存在して、刺激を受けることでMMP-1がつくられてしまいます。

そんな外からの刺激を、ヒオウギエキスが守ってくれます。

ぬるタイプの薬での使用なので、効果は頭皮のみになりますが、コラーゲンも皮膚の健康を維持するために、大切です。

ヒオウギエキスは、これが破壊されないように育毛環境を整えてくれます。

ヒオウギエキスの副作用や安全性

育毛成分に育毛効果があると言っても、やはり副作用の危険性のある成分が配合されている育毛剤を使うのは躊躇してしまうものです。

ヒオウギエキスの副作用や、他の成分との併用も合わせてご紹介します。

ヒオウギエキスの副作用

ヒオウギエキスは、肌に刺激を与える成分ではないです。

医薬部外品でもあり、アヤメ科のヒオウギと呼ばれる草から取れる成分からできているため、副作用の危険性はありません。

そのため、10代の方や女性の方でも安心して使用することができます。

ヒオウギエキスと似た「オウゴンエキス」「センブリエキス」なども同じように副作用はありません。

しかし、体質などにより合わない方も稀にいますので、使用を始めてから肌や身体の調子が悪くなった場合は、お医者さんに行くことをおススメします。

ヒオウギエキスは併用していい?

副作用がないため、他のものと併用してはいけない、と決められているものはありません。

しかし、似た働きのある成分を過剰に使用・摂取をしても効果が出るものでもありません。

もちろん身体に良い影響は与えないので、決められた量を使用するように心がけましょう。

化粧品にも配合されているため安心

ヒオウギエキスに含まれているイソフラボン誘導体は、植物性のエストロゲンと言われており、女性ホルモンのエストロゲンと非常に良く似た造りをしています。

そんなヒオウギエキスは、お肌を若々しく保つためのヒアルロン酸やコラーゲンの働きを良くする効果もあり、頭皮の保湿だけではなく、化粧品にも配合されているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ヒオウギエキスは副作用もなく、女性でも安心して使用できる成分です。

AGA(男性型脱毛症)予防には、原因の1つでもある男性ホルモンに、直接働きかけのできるものをおすすめします。

ぜひ、ヒオウギエキス成分が配合されているものを探して使用してみましょう。

あなたの薄毛問題も、解決に近づいていくことでしょう。

-育毛成分

Copyright© 育毛剤クイーン , 2019 All Rights Reserved.