薄毛・抜け毛に悩む男性・女性のためのスカルプケア・育毛剤の総合情報サイト

育毛剤クイーン

女性用育毛剤 男性用育毛剤

育毛剤の正しい使い方と注意点!つける場所やつけた後のケア方法は?

投稿日:

育毛剤の正しい使い方と注意点!つける場所やつけた後のケア方法は?

育毛剤を使っているけれど効果が出ないという方。正しい使い方をしていますか?

せっかく育毛剤を使っていても、ただ頭皮に塗るだけでは十分な効果を引き出すことはできません。

効果を引き出すためにも、使用する時の頭皮の状態・使用するタイミングなども大切になってきます。

今回は、育毛剤の正しい使い方と注意点についてご紹介していきます。

育毛剤とは?

育毛剤とはどんなものなのか、内容成分などについて説明していきます。

育毛剤

育毛剤とは、抜け毛を予防して発毛を促すために使用する頭に使う育毛料のことです。

ふけや、かゆみを抑えて、毛根に活力を与え血の流れを良くします。その結果、毛を生やす効果があります。

内容量としては、商品によっても異なりますが「ビタミンB」「ビタミンE」などが入っているケースが多いです。

また、最近では女性向けにさわやかな香りをプラスした、女性専用育毛剤も増えてきています。

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤と、発毛剤の違いについて説明していきます。

・育毛剤

「今ある髪の毛を抜けにくくして、健康なしっかりとした髪に育てる効果」があります。

頭皮の乾燥を防いで、保湿し、育毛環境を整えます。

育毛剤には、血の流れを良くする・髪の毛の成長を助ける・頭皮の炎症を防ぐ・アレルギーを出にくくするなどの効果があります。

その結果、現在生えている髪の毛を健康に育てるといった効果があります。

・発毛剤

「抜け落ちてしまった頭皮に、新しい髪の毛を生えさせる効果」があります。

頭皮にある、髪の毛の元になる細胞に直接働きかけて、髪の毛を生えやすくしたり、抜け毛を減らしたりする効果があります。

育毛剤をつける時間帯・タイミング

育毛剤は商品によって、時間帯やタイミングは異なります。

なかでも、1日2回使用が可能な商品は、朝と夜の2回使用。1日1回の商品は夜のみの使用。

時間帯別の使い方を説明していきます。

朝の使用

朝の使用は、育毛剤の効果を長続きさせるため、フケやかゆみを抑えるための効果があります。

髪をセットする前に使用しましょう。

寝癖を直したら髪の毛をしっかり乾かし、その後にマッサージをするように塗りましょう。

夜の使用

育毛剤は「夜」「お風呂の後」の使用をすすめているものが多いです。

日中に溜まった汚れ・角質の上から育毛剤を塗っても効果が出にくいからです。

睡眠時間

髪の成長ホルモンは夜10時から2時がピークとされています。

この時間に睡眠をとることで、髪の毛は成長していきます。

可能な限り、この時間は眠りにつきましょう。

育毛剤をつける時間

前述にもある通り、睡眠時間はホルモンの分泌の関係で、夜10時をおススメしています。

そのため、お風呂は8時ころ入り育毛剤は9時頃つけるのが良いでしょう。(商品によっては、お風呂の前に使用するものもありますので、説明書に従いましょう。)

育毛剤の正しい使い方

育毛剤の効果を最大限に引き出すための、正しい使い方を説明していきます。

クシで髪の毛をとく

お風呂に入る前に、髪をブラシでときます。

マッサージ効果もあり、髪もしっかりとほどけます。

すると髪を洗う際に、髪の毛や頭皮の汚れが落ちやすくなります。

お湯で髪を軽く洗う

シャンプーを付けずに、お湯だけで1分くらい洗い流しましょう。

お湯で洗うだけで、髪や頭皮についている汚れの80%が取れます。

シャンプーで洗う・リンスをつける

シャンプーを手で泡立ててから、指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。

シャンプーの後は、1分半くらいかけてしっかりすすぎます。

リンスをつける方は、リンスを頭皮ではなく、髪の毛に軽くつけます。

その後、同じように1分半かけてしっかりすすぎましょう。

育毛剤をつける

育毛剤を頭皮につけます。(育毛剤をつける前に髪の毛を、完全に乾かすか・半乾きにしておくかは、商品によって異なります。

使用している育毛剤の説明書に従いましょう。)

頭皮をマッサージする

頭皮に育毛剤がなじむように、指の腹で優しくマッサージしましょう。

育毛剤の注意点

育毛剤を使用する際の注意点を2つご紹介していきます。

頭皮に炎症・肌荒れがある状態で使用しない

育毛剤の使い方の説明書にも必ず記載されていますが、守っている方が少ないです。

頭皮が荒れている状態で育毛剤を使用すると頭皮が痛んでしまい、髪の毛が抜け落ちてしまう可能性があります。

また、育毛剤を使い始めてから頭皮が荒れた場合は使用を中止して、違う育毛剤を使用することをおすすめします。

しかし、はじめから肌荒れがあると、その判断ができません。

なので、必ず頭皮が正常な状態で使用をしましょう。

半年は使い続けましょう

使いはじめてすぐに「効果が無いから」という理由で、使用をやめたり、育毛剤を変える方がいます。

しかし、効果が出るまで最低でも3ヶ月。普通は6ヶ月かかるので、継続して使用をしましょう。

育毛剤をつける場所

育毛剤は、頭皮に直接つけましょう。髪につけても効果は、ほとんど出ません。

抜け毛や薄毛が気になる部分の髪をかき分けて、頭皮につけます。

さらに、抜け毛・薄毛の予防のために髪が薄くなった部分から1センチ離れた周りにもつけると効果があります。

つけ方は、育毛剤を頭皮になじませるように、指の腹で頭皮をマッサージしましょう。マッサージすることにより、血行がよくなり育毛剤が浸透しやすくなります。

使った後の効果的なケア方法

育毛剤を使った後は、髪がぬれた状態になります。

その後のケアで、効果が変わってきます。使った後のケア方法を説明していきます。

ドライヤーで乾かしましょう

育毛剤をつけたあとは、ドライヤーを使って乾かしましょう。

育毛剤を使った後に、髪の毛を自然乾燥させると、髪の毛を守っているキューティクルという部分が開いた状態になります。

髪の毛を守っているところが開いた状態とは、髪の水分や栄養素が髪の外へ出てしまい、ダメージを受けやすくなっています。

そのため、ドライヤーで乾かすことをおすすめします。

このとき、ドライヤーは少し離れた場所から髪の毛全体に当てることを意識しましょう。

頭皮に当ててしまうと、せっかくつけた育毛剤の成分が蒸発してしまう可能性があります。

頭皮がぬれた状態だとどうなるの?

水でも、育毛剤でも、髪がぬれた状態は、頭皮に雑菌やカビを増やす原因に繋がります。

雑菌やカビは、頭皮環境が悪くなり、抜け毛・薄毛の原因にも繋がります。

ほかにも、匂いの原因にもなりますので、しっかりと乾かしましょう。

必ず冷風で乾かす

育毛剤の後は、必ず冷風で乾かしましょう。

育毛剤の後に、温風を使うことで育毛剤成分が蒸発しやすくなってしまいます。

ほかにも、頭皮がほてってしまい頭皮環境が悪くなります。ドライヤーは冷風で、髪の毛にあてましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。育毛に効果がある成分が入っている育毛剤であれば、そのまま使うだけでも効果は十分に期待できます。

さらに、正しい使い方をすることで、より早い効果がでますし、効果の出方も変わるでしょう。

より良い頭皮を作るために、育毛剤の正しい使い方はもちろん、規則正しい生活も大切になります。

いきなり全てをやろうとせずに、長く続けられるように、1つずつ段階を踏みましょう。

まずは、育毛剤をつけるところから。

それが慣れてきたら、頭皮マッサージをして、食事に気をつけてみる。

コツコツ続けていくことで、効果も上がります。

みなさんの悩みが1つでも消えて、頭皮が健康になることを願っています。

-女性用育毛剤, 男性用育毛剤

Copyright© 育毛剤クイーン , 2019 All Rights Reserved.